2015-08-26 19:14 | カテゴリ:ちょい旅
先週の日曜日(8月23日)、遠野へ行ってきました。
まあこれまでにも何度も行っていますし、その度にこのブログで記事にしていますから、別に珍しいことでもないのですが。
8月はそれなりに忙しく、またちょっとイラッと来る出来事も多くて、気晴らしの意味も込めて、行ってみたわけです。
目的は、遠野市立博物館で開催されている特別展「遠野物語と妖怪」を見に行くことでした。
それと同時に、遠野駅前で「遠野蚤の市」というイベントが行われるという話もネットで見かけたので、どうせならと思って23日を選んだわけです。

自宅を朝の9時半少し過ぎに出発し、自家用車で東北自動車道を南下。
花巻ジャンクションで釜石道に乗り換えて、宮守インターチェンジまで向かいます。
釜石道は未だ工事中で、道は宮守ICで終わっています。
そこからひとつ先の遠野ICまでは今年度中に開通予定のはずなんですが、まだ通行は出来ません。
一体いつまでかかるのかと思いつつも、一般道路に降りて宮守から遠野まで。
宮守から遠野までは近いので、10分ほどで到着。
ところが悪いことに(?)、「遠野何とか(名前はよく知りません)マラソン」とかいうイベントが行われていたようで、そこら中が通行止めになっており、まともに通行できない!
勝手知ったる他人の町だから道は細かく覚えているというのに、そこが通れずわざわざ遠回りをしなければならなかったので少しイライラしました。
思いがけないイベントだったので、いたし方ないのですが、良く確かめてから来ればよかったかといささか後悔。

いずれ駅前の駐車場へ車を入れて(奇跡的に停められた)、あとは徒歩で散策です。
蚤の市を先に覗いてみることにして会場へ…会場とか言っても、駅舎脇の小広場にテント張っただけなので、すぐに分かりました。
これ、看板です。
nominoichi.jpg

テントを張った出店はそれほど多くなかったものの(全部で10店前後か)、人出は結構ありました。
nominoichi2.jpg

主に古布を売っているフリマや、手工芸の店、似顔絵を描いてくれる地元ローカルの漫画家さん「そのだつくし」さんなどが出店しておりました。
余談ですが、そのださんは本来雫石の方なので、雫石の軽トラ市にも出店されてます。
nominoichi3.jpg

さて蚤の市をあとにして、付近の喫茶店で一息入れてから博物館へ向かいます。
普段は静かな遠野の町も、土日ということで観光客がかなり多くて、街角のあちこちに人影が沢山。
これは、これまで何度か来ているうちでも結構珍しく(遠野の方申し訳ありません)、ちょっと新鮮に映りました。
博物館へたどり着いて中へ入ってみると、何故かものすごく暑かったw
外は風があってかなり涼しく、歩くにはちょうどいい気候だったのですが(大体24℃くらいだったみたいですね)、館内は本当に汗が噴き出してくるくらい暑いのです。
多分エアコンの設定温度を夏ということで28℃とかに設定して省エネだ!エコロジーだ!とかとか言ってるんでしょうが、外が肌寒いくらいだったので、逆にそれが裏目に出たのでしょう。
こういう部分は本当に融通が効かないですね。

で、特別展なんですが、これがまあがっかりするくらいのしょぼさ(^^;)。
あまりに小ぢんまりしていたので、拍子抜けしてしまいました。
鳥山石燕の本だとか、百鬼夜行図の複製巻物があるくらいで、他にはあまり珍しい出展物もなく…。
ああそうだ、どこぞの寺に伝わる天狗の牙とかいうものがありましたが、見ようによってはなんとでも取れるもので、いわゆる鬼のミイラだの何だのという眉唾ものと同じでした。
僕の見たいものは「遠野物語」の妖怪だったのですが、どうやら、博物館の見せたいものは遠野物語にこじつけた妖怪だったようです。
とにかく、とても落胆してしまいました。
もう少し面白い企画…というか、企画のネタはいい訳ですから、取り敢えずは見て楽しめるような会場づくりを望みたいものです。
あとは館内で遠野市がお金を出して作ったアニメ「語り部少女ほのか」のビデオを繰り返し流していて、ちょっと笑ってしまいました。

博物館を出ますと、何やら賑やかな音楽とヒィ~ャッホー!とかいう女の声が聞こえてきたので、何事だと思ってその方向へ向かってみると、ホップ収穫祭とかいうイベントが開かれておりました。
hop.jpg

遠野は本州でも一、二を争うホップの栽培地だそうで、缶ビールでも遠野ホップを使ったビールは発売されていますし、地ビールの醸造も盛んに行われています。
それにちなんでのイベントだったようで、入り口でカップを300円位で購入し、あとはそのカップに露天で売られているビールを注いでもらって飲むような形式だったようです。
だった、というのは、僕はビールは好物なんですけど車を運転せにゃならんので、イベントを素通りしただけだったからです(^^;)。
いやまことに残念でした。
飲み助には地獄のようなイベントだなあと真面目に思いましたw

hop2.jpg
このゲートの両側にぶら下がっているのはホップだそうですよ。

hop3.jpg
中々のにぎわいであります。
ああ本当に飲みたかったなあ…実に羨ましいw
女の人の奇声は、どうも中央の大型テントの中でドイツ音楽の楽団が来てショーをやっていたらしいです。
午後1時半からはサンプラザ中野が来てライブをやりますよとか言ってましたが、見ませんでしたw
中野さんすみません。

hop4.jpg
ここは食事をするテントらしいです。
看板にあったようにソーセージだの何だの、美味しいおつまみも売られていた模様。

後ろ髪を引かれる思いで駅前へ戻ると、ポーと汽笛の音が!
そうだ、今日は日曜だからSL銀河鉄道が走る日なんだ。
早速見に行ってみんべえと思ったところ、線路沿いはものすごい人だかりです。
しかもカメラを構えた鉄オタがすごいw
さすがに邪魔だとかそこをどけとか言うような悪質鉄道オタクはいませんでしたが。
僕も持参のデジカメで一枚撮影をしてやれと試みたんですが…。

sl.jpg
遠くからこんなのしか取れませんでしたw
機関車から遠くて…。
でも運転席に石炭を移す作業とか見られましたぞ。
貨車に積まれた石炭の上に人が乗って、スコップでドサドサ下ろしておりました。
中々乙な光景でした。

ところがです、ここでなんとデジカメにトラブル発生!
昨日充分に充電していたはずなのに、バッテリーが切れて動かなくなってしまったw
そんなバカな…と思ったのですが、馬鹿だろうが阿呆だろうが動かないものは動かない。
これは一体どういうことなのか…思わす地団駄を踏みましたが、歯噛みした所で撮れないものは仕方がない。
もうがっかりですよw
でもまあ、なにしろ購入してから8年余りですからね…。
何かしらのトラブルは出て当然かもしれません。
今まで問題なく動いていたことのほうが奇跡的なのかも。
ほら、同時期に購入したデスクトップパソコンだって昨年、壊れたわけですし。
ただ、バッテリーの問題かも知れず…。
バッテリーを交換すれば動きそうな気配もあるのですよね。

帰りは宮森の道の駅に寄って、眼鏡橋をSLが走るところも目撃しました。
しかしそういうわけですからカメラが無いため撮影不可能、しかもあれって、あっという間に通り過ぎるんですねw
写真をかっこ良く撮っている人はよほど撮影が上手いんだろうなあと思いました。
今度日曜に遠野へ行く場合は、万全の体制を整えて行きたいと思いますw


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/988-b9a070a6